自動車の新エネルギー資源

最近、ガソリン以外の燃料で走る車がたくさん普及されています。例えば、太陽光発電や風力発電など自分で電気をつっくて走る車は、積極的に開発が進められていて実用化が近いです。

「バイオマス発電」という最新の発電方法もあって、実に様々な原料から電気を生み出すことができます。

木材や食品、古紙、でんぷん、廃材、下水など、ほぼ無限にあって必要のないものも使えるので、とても効率的な発電方法だと思います。CO2も排出しないので、環境にいいです。

また、農林水産資源の中で普段捨てているものが燃料として売れるわけですから、農業や漁業の経済の活性化にもなります。

電気自動車は「クリーンエネルギー自動車」と呼ばれていて、ハイブリット自動車やメタノール自動車と同じく環境にいい車としてどんどん期待が高まって言っています。

その他にも化学変化を利用した燃料やガスなどを利用したエネルギーなど次々に開発されています。すでに実用化されているものもあるので、これからどんどん普及していってほしいですね。

4月 19, 2013 | Category: 環境

車検証を紛失した

どうやら僕は車検証を紛失してしまったようだ。いつもはダッシュボードの中に入れてあるのだが、この間の日曜日にはりきって洗車をしようと車検証を出したきり、そこに置いたか記憶に無い。

Continue reading

3月 21, 2013 | Category: 環境