日本の自動車メーカーではない日産

日本に古くからある自動車メーカーとして有名なのが日産です。日産は太平洋戦争前から存在し、当時では珍しく欧米車並みに大きな車作るメーカーでした。その後もどんどん大ヒット車種を作りだし、日本で一番販売台数が多い自動車メーカーとなったことが何回もありました。しかし、バブル景気の時にあまりにもたくさんの車種を作り出してしまったことやデザイン面であまり良いところがなかったために、バブル崩壊後のダメージは非常に大きく、倒産という言葉がちらつくほどの経営悪化状態となってしまったのです。

Continue reading

9月 24, 2014 | Category: 環境

任意保険は半ば強制保険

自動車保険には、強制保険といわれる自賠責保険と任意保険といわれる損害保険があります。自賠責は基本的に相手の怪我や命に関することに対する補償能力しかなく、その補償額も死亡させてしまった場合で3000万円まで、怪我をさせてしまった場合で120万円まで後遺症などに4000万円までということになっており、補償をそれですべて賄えるというものではないのです。

Continue reading

4月 10, 2014 | Category: 環境

レッカー移動の種類

路上で自走不能となった場合にロードサービスを呼ぶと必ず修理工場へ運ばれるわけですが、その時に使われるのがレッカー車などといわれる車両運搬車です。

車輛運搬車両にはいくつかの種類があって、それによって車にかかる負担が違ってきます。

一番簡単なものといえば、牽引ロープでそのまま車を引っ張るタイプですが、もし保険会社がこのような手段で車を運ぼうとするのであれば、断ったほうがいいでしょう。

この方法は車にとても負担がかかるもので、数百メートルや1~2キロ先まで運ぶのに適した方法です。

牽引ロープのかけかたによってはフレームが曲がってしまうことがあり、更に牽引ロープがフロントバンパーなどにすってしまい、深い傷を作ってしまうことがあるのです。

一昔前まで駐車違反車両の撤去にも使われていた、駆動輪だけ持ち上げて移動するタイプも車に対する負担が非常に大きいものです。

一番車に負担がかからないのが通称「ローダー」といわれる車で、トラックの荷台に故障車両をそっくり乗せることができるので、車に負担をかけることがありません。

この車であれば100kmでも200kmでも安心して運んでもらうことができます。

故障車両の運び方を間違えば、修理が必要ないところも修理しなければならなくなることが多いのであまり雑な扱いをされるようであれば自動車保険の見直しも考えたほうがいいでしょう。

2月 10, 2014 | Category: 環境

毎朝の髭剃りは面倒だ

6月で31歳を迎えました。私はまだ未婚ではありますがもう立派なオジサンです。歳を感じる理由として頭髪の薄さが気になってきました。無くなってほしくないところの毛が抜けてしまいいらない部分の毛が濃くなるという矛盾と現実。髪は薄くなるので毎日マッサージに励んでます。逆に髭やスネ毛、胸毛はどんどん濃くなり剛毛です。髭は日々の自己処理が大変で毎朝シェービングしても夕方には青髭オジサンになっています。
何かの記事で読んだことがあるのですが、人体の様々なことろに生えてる毛の中で最も早く伸びるのは髭のようです。男ですしスネ毛や胸毛の濃さは年をとると徐々に体毛が薄くなると良く聞くのでそんなに気になることはないのですが、髭は常に人が見る顔の部位ですしそういう訳にもいかない。面倒くさいですね。そういえば、キムタクがCMをしているダンディハウスは脱毛で有名みたいだし、職場の横浜にも確か店舗があったので体験してみようかな。今後の長い人生で髭処理に費やす時間を考えたら脱毛するのも一つの手段だな。

11月 15, 2013 | Category: 環境

タイヤの定期点検で寿命をのばす

自動車の点検というと、アクセルやブレーキ、心臓部であるエンジンを思い浮かべがちですが、自動車の「脚」、タイヤも重要です。
何百kgもある自動車の加重、そして道路との摩擦にさらされ続けるタイヤは、知らぬ間に深く傷んでいる可能性が。
放っておくと燃費や操縦安定性の低下だけでなく、思わぬ事故や故障に繋がります。少なくとも月に1回は点検をしましょう。
ポイントは4つ。
空気圧、溝の深さ、偏摩耗、傷やヒビの有無。空気圧のチェックにはエアゲージが必要ですし、初心者では見落としがちな傷もあるので、ディーラーさんやタイヤ販売店、ガソリンスタンドで点検してもらいましょう。
そして必要があれば空気圧の調整、タイヤの交換や、ローテーションを行います。
ローテーションは偏摩耗を防ぎ、タイヤを長持ちさせるために必要な作業です。
タイヤを同じ位置に装着していると、走りのクセで一部分だけがすり減りがちです。
目安として5000km走行ごとにタイヤの位置交換をすると、タイヤの寿命を延ばすことができるのです。

9月 4, 2013 | Category: 環境

自動車の新エネルギー資源

最近、ガソリン以外の燃料で走る車がたくさん普及されています。例えば、太陽光発電や風力発電など自分で電気をつっくて走る車は、積極的に開発が進められていて実用化が近いです。

「バイオマス発電」という最新の発電方法もあって、実に様々な原料から電気を生み出すことができます。

木材や食品、古紙、でんぷん、廃材、下水など、ほぼ無限にあって必要のないものも使えるので、とても効率的な発電方法だと思います。CO2も排出しないので、環境にいいです。

また、農林水産資源の中で普段捨てているものが燃料として売れるわけですから、農業や漁業の経済の活性化にもなります。

電気自動車は「クリーンエネルギー自動車」と呼ばれていて、ハイブリット自動車やメタノール自動車と同じく環境にいい車としてどんどん期待が高まって言っています。

その他にも化学変化を利用した燃料やガスなどを利用したエネルギーなど次々に開発されています。すでに実用化されているものもあるので、これからどんどん普及していってほしいですね。

4月 19, 2013 | Category: 環境

車検証を紛失した

どうやら僕は車検証を紛失してしまったようだ。いつもはダッシュボードの中に入れてあるのだが、この間の日曜日にはりきって洗車をしようと車検証を出したきり、そこに置いたか記憶に無い。

Continue reading

3月 21, 2013 | Category: 環境