うつとキャッシングの関連性

借金が原因でうつなどの病気にかかる人は多いといいます。
私の知り合いの何人かも、借金を契機にうつ病を発症していました。

現代を生きる人々の多くがかかる因子を抱えるうつ病ですが、実はその原因に借金がある場合も少なくないのです。
具体的には、どんな人がうつ病にかかりやすいのでしょうか。

  • 真面目である
  • 将来が不安である
  • 支払いが滞っている

キャッシングと関連させれば、この辺りがうつになりやすい条件だと言えるようです。
とはいえ、真面目なのは日本人の国民性。
今の世の中、将来が不安でない人などいません。
支払いが滞ってくるのも、ある程度キャッシングをしたことがある方なら経験があるでしょう。
つまり、これらの条件は誰にでも当てはまりうると言えるのです。
「自分だけは大丈夫」と思っていても、気づけば多額の借金で首が回らない……なんてこともありうるのです。
精神的な病は支払いを益々滞らせ、負のスパイラルに追い込んでしまいます。
「もしかしてうつ?」と思ったら、すぐに相談するようにしたいですね。

個人事業主 キャッシング

6月 4, 2013 | Category: 環境 | Tag: